誰がモテたいと言った?僕だ!!

モテの道を歩く男のブログ

先輩の教え〜役者になれ〜

さてと、遅刻ギリギリで急いで仕事に行ったらその日休みだった。せっかちな魅仙です!

 

てか、アホです。基本的にアホです。

でも、僕はアホである事に誇りを感じております!

 

僕は誇り高きアホです!!

 

さて、そんなアホな僕を見かねて先輩に言われた言葉がこちら!

 

「役者になれ!」

 

キャバクラ行き始めて半ばで言われた言葉ですね。

ちなみに今も言われています。

 

要するに"演じる"というのが大事だよ。

というのを伝えたいわけです。

 

まず、大前提として女性は強くて優しい男が好きです。

 

これは、生物の本能的に絶対の事で

好みとか以前の話です。

 

強さには色々種類があります。

腕力、魅力、経済力、トーク力、意志力、知名力、思考力etc

 

簡単に言ってしまえば、これらの強さが優れてて、女性を守ってくれるような人がモテます。

 

男性の顔以外の好みというのは、これらの強さの好みです。

 

しかし、これらは上には上がいます。

 

例えば、経済力で言えば年収1千万稼ぐ人がいても、年収1億稼ぐ人もいます。

さらに年収10億稼ぐ人もいるわけです。

 

単純に経済力だけで戦っても、限界があります。

 

しかし、女性はお金も好きですが本当に好きなのは「それだけ稼げる強さを持った人なのです。」

 

なので、お金や筋肉を持っている必要はないのです。

 

お金などの力を持っているように見せればいいのです。

 

ここで「んー??それは不誠実やし、 長期的に見たらバレるんじゃないの?」

 

そう思われる方もいるでしょう。

 

でも、多分その方々は勘違いをしております。

 

力を持ってるように見せるというのは

「俺金持ってるぜーいぇー」

とか、そう言う事では無いです。

 

「お金そんなに持ってない」とか言っていいのです。

 

証拠も言質も必要ないです。

そんなのいるのは裁判所だけです。

 

必要なのは雰囲気!!

 

強い男であると見られる行動、言動、表情、立ち居振る舞い

 

これに関して具体的に言おうと思えばある程度言えますが、これは抽象的に捉えて欲しいと思います。

 

なぜなら、これらは状況によって流動的だからです。

なので、言葉で言うと矛盾してしまうのです。

そして、それに縛られて欲しくないですし。

僕の得意な強さと貴方の得意な強さは違うからです。

 

なので、僕は具体的にアレやってコレやってと言うよりも、モテる人を見てその人になりきる事をオススメします。

 

それに、これらは具体的に言うより、

もし強かったらこの場合どうする?

あの人だったらどうする?

 

そう考えながら学んでいかなければ効果は発揮しないと思います。

 

いっぱい間違えて下さい!

そんで、迷って下さい!

 

迷いながら、間違えながら演じた、あなたの雰囲気は

いつの日か本物の強さとなって女の子を魅力します。

 

ですが、1つヒントをあげます。

女の子から見える強い雰囲気の地盤に当たるのは余裕です。

 

余裕を演じましょう。

 

 

モテる男は考えるのです!!以上!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉の重み。〜日々の言葉が人を作る〜

どうも、背景のセンスのなさに絶句する日々を送るクォーリーです。

 

それにしても、「絶」って漢字素晴らしいですね。冒頭に1つあるだけでカッコつく気がしませんか?

 

あっはい、厨二病ですね。

 

さてと、今回のお題の件についてですね。

 

f:id:rad-unison-bump:20180918152009p:image

 

上記のツイートの件です。

 

これを詳しく解説いたします。

これは高校の頃、非モテ絶世期の事でした。

 

その頃の僕は紛う事なきブサイクでした。

 

自他共に認めるブサイク

 

自分で自分の事「ブス」「ブス」言うてました。

 

でも、ふと気付いたのです。

 

あれ?モテてる奴らは自分の事「ブス」って言うてないぞ?

 

自分の事ブスブス言うのはモテないやつらだけや…

よしゃ!これから自分の事「イケメンイケメン」言おう!!

 

そう思い。

自分はイケメンやと。

言い始めました。

 

そしたら2年後…ホストにスカウトされるくらいのイケメンなりました!!

 

まぁホストなんてわりかし誰でもスカウトされるわ!

そう言う意見もございます。

 

それでも最近やたらと女の子の目線を感じるし、道に立ってたら女の子2人が近くに来てキャーキャー言われるし、、

 

まぁ少なくとも学生の頃よりはイケメンなれました。

 

でも、実際のところ

色々髪型やらダイエットやら色々気にした結果なんだろなと思います。

 

はい、言葉関係ないやん。思われましたね?

 

でも、思うのが僕の自分に対する言葉は、

コンプレックスを見た目気にする原動力に変えるために一役かってくれたんやないかなと思います。

 

脳関係の書物にこう書いてありました。

 

「人はできないと考えたらその時点で思考は止まる」

 

つまり、イケメンと自分を言う事で思考が回り始めたんかな?と思うのです。

 

さらに言えば。「カッコいい」「素敵」「最高」「楽しい」

 

これらの発言は前向きな気分の時に出る行動です。

 

これも結構聞く言葉ですが、

「感情は行動を作る。そして行動は感情を作る」

 

つまり、そう言った言葉を発言する。という行動感情を作るのです

 

そして、行動を続けると次は習慣になります。

 

習慣になれば、そういった感情が常に作られ人格を形成します。

 

 

つまりまとめると、

①「できない」と考えてしまわないために、ゴールとなる結果を口にするようにする。

すると、脳が最大限に考えてくれる。

 

②ポジティブ言葉を使い。ネガティブな言葉を使わない。そうする事でポジティブな感情を作り出し、最終的にポジティブな人格を作りだせる。

 

 

まぁ使い方によっては逆もしかりですが、こういう効果が期待されるのです。

 

なので

 

言葉って大事じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

先輩の教え〜グループの力〜

どーもクォーリです。

 

夏休みの宿題は夏休み最初の日と最後の日にしかできない学生でした。

 

さてと。次の先輩の教えですね。

 

これは先輩が僕を育てようとしてくれた理由に直結します。

 

「クォーリ、女の子はなグループが好きなんだ。考えてみろ、EXILEだったりジャニーズは追っかけがいる程人気だろ?」

 

実際、EXILEや嵐、SMAP関ジャニ

全員がイケメンか?と聞かれるとそうでもなくないですか?

 

例えば嵐で言うと松潤や櫻井くんあと、二宮は男の僕から見てもメチャイケメン!!

 

て思いますけど、相葉くんや大野くんは正直…

 

好きですよ!好きですけどね!!

 

そんなイケメンじゃないですよね…?

 

もちろん彼らは彼らで良さがあるのは知ってますし、カッコいいとは思います。

 

でも、大野くんや相葉くん追っかけるなら同じ系統でもっとカッコいい人いると思うんですよ!

 

それでも、嵐は絶大な人気を誇ってます。

 

大野くんや相葉くん単体でテレビ番組でても視聴率が取れる…

 

つまり、それがグループの力なんですよ!

 

そのグループがカッコいい集団。となればそのグループに所属する人間にも一定のカッコよさが付与されるんです。

 

更に言えば例え顔がカッコ良くなくても、グループの決定を決めるような人はグループのボスとして認定されるので、女の子中では1番魅力的な人として写るのです。

 

まぁあくまで戦略の話なんで、うまくいかない事だってあります。

 

戦術あっての戦略ですし、個々の技術あっての戦術なんで

 

そこを、お忘れなきよう!!

 

 

 

 

先輩の教え〜モテる人は考えている〜

どうもクォーリです。


茶店はいいですね。コーヒーの香り大好きです。


これは、昔会社入りたての時。


当時、私は微塵もモテない人間でした。

女の子と話すたびに緊張してしまいまともに声も出せないレベルでした。


しかし、なんとかモテたかった為先輩に弟子入りを志願した時に言われた言葉です。


「モテる人間は色々考えている。」


今の私は恋愛はカードゲーム的なものだと思っているので、当たり前の事なのですが、

当時は目から鱗でした。


今までに無い発想だったので夢中になって聞きました。


先輩曰く、モテる人間は

自分の見た目からどういう印象を与えてるか?

この女の子の好みは?

この行動によってどう印象を与えるか?

女の子の今の心境は?


そのような事を考えしっかりと減点を減らし加点を重ねていく。


そして、心を揺らし自分に興味を持たせる。


これが基本的なことだそうです。


巷のネット界隈。調べれば色々なモテ方が書いてあります。


モテる人間の性格。


モテる為のテクニック


モテる見た目


モテるファッション


モテるコミュニケーション


しかし、あくまでもそれらは相手に自分という人間にどのような印象を与えるべきか

その印象の与え方に過ぎません。


1つではダメなのです。


重ね合わせ。


流れを作り


組み合わせて


決める


これらの作業無しには女性は口説けません。


そのためには考えなくてはなりません。


闇雲に強いカードを先出ししていけばいいわけではないのです。


まず考えましょう


ターゲットとなる女性は?

自分の見た目は?

自分の現在地は?

どこから崩す?

自分の強みは?

相手から自分の印象は?

女性は何を求めている?


攻略法がわかってもカードを持って無ければ勝てませんが、


どういうカードを持っていたいのかを曖昧でいいので探していきましょう。


それによりモテは積み重なります。